疲労回復サプリを飲んじゃダメな人は?販売店に聞いてみた



疲れがなかなかとれないと会社の同僚からよく耳にします。残業や突然の出張などで生活のベースが崩れ、疲労が溜まっていくようです。

疲労を回復するには、栄養補給と休養(睡眠)が重要です。

休養(睡眠)に関しては、時間を確保し、ゆっくりと休むことを心がければ問題ないでしょうが、栄養となると食が偏ったり、体力の消耗で胃腸が弱って食欲が無くなったりと、食が原因で疲労回復が進まないのが最大の要因なのでしょう。

そんな時は、市販薬やサプリメントで栄養補給を補うのが、疲労回復の近道ではないでしょうか?

しかし、ネット通販などで販売されている疲労回復サプリはを継続的に服用しても大丈夫なのか心配ですよね。

そこで
今回、疲労回復サプリのメーカーや販売店に、継続しての服用を控えた方がいい人はいるのか?問い合わせてみました。


その回答は

【すこやか笑顔(商品:黒にんにくのお酢)】
お問い合わせにつきまして、ご案内申し上げます。

『国産黒にんにくのお酢』は、健康食品でございますので、基本的にお体に差し障るような成分は使っておりませんが、体質や体調などによって、合わない方もいらっしゃいます。

したがいまして、ご心配なようでございましたら、かかりつけのお医者様へご相談いただくことを、おススメいたします。

その他、ご不明な点やご質問等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。


【株式会社 心美寿有夢(商品:国産すっぽん梅肉黒酢)】
この度はシンビサプリよりお問い合わせいただきありがとうございます。

さて、国産すっぽん梅肉黒酢の件ですが、健康食品ですので特に避けたほうが良い方というのはありませんが、入っている成分にアレルギーがある方は控えて頂いたほうがよいかと思います。※植物レシチン(大豆由来)

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。


【宝仙堂製品(商品:パワーライフ)】
このたびは、宝仙堂製品「パワーライフ」へのお問合せをいただき、誠にありがとうございます。

パワーライフは、スッポンの内臓部分から摂れる脂肪酸の部分を抽出し、カプセルにしたサプリメントです。

スッポンから抽出した脂肪酸にはオメガ3成分(DHA,EPA、αリノレン酸など)等、必須脂肪酸含む様々な不飽和脂肪酸がバランスよく含有されております。

特にDHA,EPAの有用性は有名ですがコレステロールを下げたり、中性脂肪の低下、血液サラサラ脳や皮膚、髪の若返り、視力サポートなど脂肪酸は、生活習慣病予防にとても有効とされています。

パワーライフは、スッポンから摂れる脂肪酸だけをカプセルにしているので脂肪酸の何か1つを特別に摂取するのではなくバランスよく摂取できるところが特徴です。

毎日の健康維持のために、あらゆる世代、男女におすすめですが特に疲れやすい、体力低下を感じるならば、まずは1ヶ月お試しいただければと思います。

お客様の多くのお喜びの声としましては
・疲れにくくなった
・毎日、元気。シャキッとする。
・風邪をひきにくい
・だるくない
・頑張りがきく
など、その方それぞれに実感をされるようです。

健康食品のため、どなたにもお飲みいただけますが長く治療などされている病気がある場合はお薬との兼合いもあるかと思いますので、主治医とご相談ください。

1980年に発売以来、36年が経とうとしておりますが未だに継続いただくお客様の多数いらっしゃいます。みなさま、仰るのは、「とにかく継続すること」ということです。

健康食品なので、お薬のような即効性の実感は少ないと思いますが体内の大切な栄養源を毎日補助することで元気

を積み上げることができると思います。 ご不明点等ございましたら、お手数でもお問合せくださいませ。


各メーカー及び販売店より、疲労回復サプリの使用についてご回答いただきました。
各商品の疲労回復サプリの服用には特に制限もなく、安心して使用できるとのご回答をいただきました。

アレルギーの発症の恐れがある方は。成分確認を忘れないようにしましょう。

もし、持病など医師の診断を受けている方は、主治医に相談されてから服用されることをオススメします。




130年の伝統がある老舗がつくる、まろやかでコクのある「にんにく酢」



滋養食品として、お酢がもつ力で体内の循環作用をスムーズにしてくれる   詳しくはこちら>>



疲労回復サプリに含まれているオススメの成分はコレだった!




にんにく注射や栄養ドリンク、にんにく、酢などを使った健康食品やサプリメントは、一時的に元気になったような気がします。

しかし、そのあとに落ち込みがあり、本質的な疲労回復にはなっていないのが研究によって実証されています。

最近の研究で、イミダペプチドを摂取することにより、疲労度が少なくなるということが確認されています。

イミダペプチ成分を4週間毎日摂取した後、4時間の自転車こぎ運動を行い、日常生活で起こる肉体疲労の負荷をかけ、その後疲労度を測定した結果。

イミダペプチド成分を摂取した人、一方は味やカロリーは同じでもイミダペプチド成分が入っていないものを摂取した人をそれぞれを比較すると、なんと実験終了直後の疲労感において、イミダペプチド成分を摂取していない人は、した人の約1.5倍、さらに実験終了4時間後は約2倍もの差があったそうです。

イミダペプチド成分は魚類、鳥類を含めた動物の筋肉に含まれています。特に、渡り鳥の羽を動かす筋肉や、常に泳ぎ回っているマグロの尾びれ部分などに多く存在します。




多くのメディアで紹介されている疲労回復サプリ!



黒にんにくのお酢
「国産 黒にんにくのお酢」は、にんにくから黒にんにくへ、さらにはお酢へと「Wステップ発酵」で精製した黒酢にんにくのサプリメント。じっくり時間と手間をかけて抽出したエキスが配合されているので、黒酢にんにくの効果が堪能できる。


熊野那智川の伏流水と、老舗の酢醸造元が丹精込めて作った麹菌を使い、熟成・発酵までに半年から一年もの時間をかけてできたエキスを配合しています。  詳しくはこちら>>



発酵黒にんにく酢卵黄
黒にんにく酢」という独自の技術でつくられたサプリメント。黒にんにくを酢に漬け込むことでつくられており、ほかのサプリを圧倒するほどのアミノ酸量を含むにんにく卵黄として人気を博しています。


発酵・熟成を重ね、元気成分を豊富に含んだサプリメントには、アミノ酸をはじめ不足しがちなミネラルもたっぷり。 詳しくはこちら>>



疲れた時こイミダペプチド!驚きの疲労回復効果を持つ…




太平洋を約1万1千キロの飛ぶ間に、無着陸で休むことなく飛んでいる渡り鳥。その類まれなるスタミナの秘密はどこにあるのでしょうか。

研究を進めている中で明らかになった成分が彼らの胸肉に含まれる「イミダペプチド」成分です。

先程の、イミダペプチ成分を4週間毎日摂取した後、4時間の自転車こぎ運動を行い…の実験で、イミダペプチド成分には、疲労予防をする力だけでなく、疲労回復力を高める力があると考えられているのです。

イミダペプチドを摂取して2週間後には明らかに疲労感が軽減され、200ミリグラムよりも400ミリグラムのほうが、よりその傾向が顕著に現れたことから、イミダペプチドが疲労回復効果を発揮するためには、1日に200ミリグラムが必要で、それを下回る含有量のドリンクでは、疲労回復効果の効果があまり期待できないということになります。

イミダペプチドは脳にも届きますから、疲れた自律神経にも直接、抗疲労効果を発揮します。脳にイミダペプチドが多いほど集中力が持続し、疲れにくいことが判明しているのです。



業界トップクラスのアンセリン(イミダペプチド)配合サプリ【慈凰】!
動物の筋肉中などから発見された疲労回復物質である「アンセリン」が、摂取推奨量の500mgがたった3粒にきちんと配合されています…  もっと詳しく知りたい方は…





疲労を早く回復させる方法とは?だるい疲れに…




■疲れにくい「正しい姿勢」を意識する
日々の仕事が忙しく睡眠時間も少ない、パソコン前に座ってもついついねこ背になってしまう。

疲れているので気持ちはわかりますが、実はその悪い姿勢が疲れをさらに助長しているのです。

普段から姿勢の悪い人はなおさら疲れやすくなります。

では、なぜ、姿勢が悪いと疲れやすいのでしょうか?

少し専門的な話になりますが、人間の体は脳と神経によって肝臓などの各器官に命令が伝わり、循環や回復がなされています。その司令塔とも言える脳と神経を100%機能させるには脳から続く脊髄を況している脳脊髄液の循環が必要不可欠となります。

脳脊髄液が循環することによって、神経は栄養を得ることができ、老廃物を取り去り、神経機能を正常に保つことができます。

実は姿勢が悪いと、この脳脊髄液の循環が悪くなってしまうのです。

その理由は、脳脊髄液が背骨の中にある脊柱管を通って流れてくるからです。脊柱管の中には硬膜と呼ばれる固い股があり、その膜の中に脳脊髄液と脊髄(神経)が人っています。

姿勢が悪いと、背骨のカーブが正常な人と比べてきつすぎたり、ストレートだったりするので、脊往診のスペースが狭くなってしまいます。脊柱管のスペースが狭くなるということは、脳脊髄液の流れもスムーズではなくなるために、神経機能が落ちてくるということです。

たとえば、肝臓が体の疲労をとりたくても肝臓に行く神経伝達が不十分であれば、いくら肝臓が元気でも疲労回復が行なわれません。

このように脳脊髄液の循環が悪くなり神経伝達を悪くすると、神経が通っているすべての器官の機能が落ちてきてしまいます。

姿勢が悪いだけで大変な損をしていることになりますので、これから書く姿勢矯正のポイントを守って、いい姿勢を手に人れてください。

ただし、姿勢は生まれてから何十年もかけてつくり上げてきたものなので、簡単に直すことはできません。無意識でいい姿勢になるまでは1~2年かかるものです。あせらずじっくり直しましょう。

●姿勢をよくするなら、これだけを意識!
姿勢を直すポイントは、まず、いい姿勢とはどういう姿勢かを知る必要があります。

よく言われる、いい姿勢のイメージは、背筋をぴんと仲はした、学校で習う「気をっけ」の姿勢ですが、これはいい姿勢ではありません。

いい姿勢とは、体の軸が取れて、筋肉の緊張がない状態を指します。

では、どうすれば体の軸が取れるかというと、操り人形のように頭のてっぺんから糸で吊り下げられている状態をイメージすると体の軸を取ることができます。

このイメージで体の姿勢を整え、首や肩の力が抜けているかどうか確認してみてください。実はこの時点で体の軸は一番正常に近い状態になっています。

これだけでいいのです。逆にこの操り人形のイメージ以外のことは、できればやらないでください。

姿勢をよくするにあたって絶対にやってはいけないことは、胸を張ったり、顎を引いたりすることです。これをやってしまうと、かえって体に力が入り、体は疲労してしまいます。

いい姿勢とは、武道でいう自然体というもので、力が抜けて360度どの方向にも瞬時に動ける姿勢を指します。頭のてっぺんから糸でーセンチぐらい軽く引っ張られて首と肩の力が抜けているかどうかがとても大切になります。

毎日デスクワークでパソコンと睨めっこしている方は、この姿勢をとるのが難しいと思うかもしれませんが、そういう方は座る椅子を低めに変えてください。

低くして顔の前にパソコンのモニターが来るようにすると、嫌でもよい姿勢でしか仕事ができないので疲れにくくなります。


■ストレスや頭の疲れには「耳マッサージ」
耳には100ヵ所以上のツボがあると言われ、全身のツボが耳にあります。

細かいツボは知らなくても、耳をマッサージしてほぐすことによって、さまざまな健康効果が表れます。しかも耳はいつでも簡単にすぐマッサージできます。

電車での移動中やパソコンの操作中、歩きながらでもできる耳のマッサージは、手軽さで言えば一番です。

出張が多く生活リズムが不規則な方や、忙しくストレッチする暇もないという方には、まさにお勧めです。

そんなに簡単だったら、効果も薄いと思われがちですが、そんなことはありません。

耳をマッサージすると、全身のマッサージをやっているかのように血の巡りがよくなり、ポカポカしてきます。

また、頭蓋骨の緊張もとれ、とてもリラックスすることができるので、ストレス疲労や頭の疲れにはとても効果的です。ぜひやってみてください。

●耳を引っ張るだけで疲労回復!
まずやってほしいことは、耳のツボをマッサージするのではなく、単純に耳を引っ張ることです。

耳の周りには耳介筋と呼ばれる筋肉がついており、その筋肉が緊張してしまうと頭蓋骨の動きも固くなってしまい、脳の血行が悪くなってしまいます。

頭蓋骨の動きが固くなると言われてもピンとこない人がほとんどだと思いますが、人間の脳は呼吸や顎の動きによって起こる微細な頭蓋骨の動きによって脳脊髄液の循環や血行をコントロールしています。

この頭蓋骨の動きが回いだけで脳の血行が悪くなり、自律神経のはたらきが落ちてしまうので、疲労回復力はかなり低下してしまいます。

人間関係などでストレスが溜まったときなど、まさに脳が緊張して頭蓋骨の動きも悪くなってしまっています。

そうです。このときに耳を引っ張り、耳介筋のストレッチをするのです。

深い呼吸とともに耳を引っ張ると、耳介筋の緊張がとれ、脳脊髄液の循環がよくなり、脳の血流がよくなります。目と脳には密接な関係があるため、目の周りの毛細血管の血流が改善し、視神経の緊張もほぐれ、目がすっきりします。

具体的には、まず耳全体を下に10秒間ゆっくり引っ張りましょう。このとき強く引っ張ると、つんとした痛みが出ますが、これは強く引っ張りすぎなので、痛みが出ない程度に引っ張りましょう。

次は、上に引っ張ります。そして、前と後ろに引っ張ります。

最後に耳を真横に引っ張ります。ゆっくり息を吸って吐きながら軽く引っ張るのがポイントです。

耳を引っ張った後の次のステップは、耳の硬いところをもみほぐすことです。

耳のツボはとても細かいので、普段自分の手でツボを刺激するのは非常に難しくなります。

しかし、先にも書きましたが、細かいツボは知らなくても大丈夫です。もみほぐしていくうちにこっている場所や、ツボが反応していて少し痛みが出る場所は、すぐわかるようになります。

まさに、もみほぐされて気持ちのいい場所を探してもみほぐせばいいのです。

耳たぶから順に、外側を上のほうに親指と人差し指で挟むようにして、もみほぐしていきます。

次に、人差し指の腹を使って、中心部分を頭のほうに押しながらほぐしていきます。

軽い痛みの出る場所は、無理をせず優しくゆっくりほぐしてみてください。

最後に注意点ですが、耳を引っ張ることや耳のマッサージは全身の血行がよくなるために、発熱時や飲酒時、妊娠中はやらないようにしましょう。

行なうタイミングとしては、疲れが溜まってくるお昼過ぎから夕方にかけてが一番効果的です。

このページの先頭へ